1. ホーム
  2. 社会
  3. 「声殺し泣いていた」自殺の県職員、休み取れず表情失い

「声殺し泣いていた」自殺の県職員、休み取れず表情失い

社会 神奈川新聞  2019年11月14日 05:00

 過労とパワハラでうつ病を患った県職員が、37歳で自ら命を絶った。「過労死ライン」を超す長時間労働は、働き方改革の推進で是正されるのか。あの日から3年。14日の命日を前に、県を提訴した母親が悲痛な思いを吐露した。

 「帰宅後、息子がタオルで顔を覆い、声を殺して泣く姿を何度も見た。その姿は一生忘れることができない」

 13日、県庁で会見した70代の母親は視線を手元に落とし、とぎれがちな声で必死に言葉を継いだ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする