1. ホーム
  2. 経済
  3. 木工体験や屋台で地元事業者PR 逗子

木工体験や屋台で地元事業者PR 逗子

経済 神奈川新聞  2019年11月14日 05:00

木工体験ブースなど、親子連れらでにぎわったイベント(逗子市商工会青年部提供)
木工体験ブースなど、親子連れらでにぎわったイベント(逗子市商工会青年部提供)

 楽しみながら地元事業者の営みなどを知ってもらうイベント「逗子市商工会青年部 大感謝祭」がこのほど、東逗子ふれあい広場(同市沼間)で初めて開かれた。木工体験の企画や飲食店ブースなどが用意され、多くの親子連れらでにぎわった。

 主催した青年部は、市内で働く20代から45歳までの43人で構成。イベントは、大工の小杉雅樹部長(36)が、青年部の活動や地域で事業を営む人々のPRにつなげたいと提案し、半年ほどかけて準備を進めてきた。

 会場では、建築・塗装業者の手ほどきを受けながらオリジナルの椅子を手作りする体験コーナーや、美容院によるヘアメーク、飲食店が中華料理や焼きそばなどを振る舞う屋台など、約20ブースが並んだ。

 小杉部長と田中美乃里副部長(41)は「イベントをきっかけに、地域内の顔の見える関係づくりにつながればうれしい」と話した。


シェアする