1. ホーム
  2. 話題
  3. 江の島の夜景、知名度アップ 祭典受賞、鑑賞地認定も

江の島の夜景、知名度アップ 祭典受賞、鑑賞地認定も

話題 神奈川新聞  2019年11月14日 05:00

湘南の宝石
湘南の宝石

 湘南の観光名所、藤沢市江の島の夜景が全国的な知名度を高めている。冬の観光活性化に向け2011年度にスタートした光の祭典「湘南の宝石」が「第7回イルミネーションアワード」で全国2位を受賞。「第11回夜景サミット」では、島内の展望灯台・江の島シーキャンドルが「富士山三大夜景」の鑑賞地に認定された。

 イルミネーションアワードは夜景観光コンベンション・ビューローの主催で、全国5542人の夜景鑑定士、イルミネーション鑑定士を対象に実施したアンケートに基づき全国の夜景の中から選出。イルミネーション部門の2位に輝いた湘南の宝石は「実際に行ってみて良かった前シーズンの冬期イルミネーション」の項目で高い評価を受けた。


江の島シーキャンドルから望む富士山のシルエット
江の島シーキャンドルから望む富士山のシルエット

 一方、富士山三大夜景の鑑賞地認定は、10月18日に静岡市で開かれた夜景サミット(同ビューローなど主催)の特別企画として行われた。シーキャンドルは、360度の海を望む展望フロアからの開放感、湘南の海と合わせて富士山のシルエットを望むことができる点が評価され、新倉山浅間公園(山梨県富士吉田市)、日本平(静岡市)とともに認定された。

 湘南の宝石は「関東三大イルミネーション」に、シーキャンドルは「日本三大夜灯台」にも選定されている。同市観光シティプロモーション課は、江の島の夜景を広くアピールして集客力のさらなる向上につなげる考えだ。


シェアする