1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 大事業揺らぐ公平性 相模原・区画整理で不正

大事業揺らぐ公平性 相模原・区画整理で不正

政治行政 神奈川新聞  2019年11月13日 05:00

市議から批判続々 相模原市の土地区画整理事業で、特定の土地の評価基準の係数が不正に操作されていたことが、12日の市議会全員協議会で市側から報告された。産業・商業用地を生み出すために進められてきた市の一大事業で、産業廃棄物の埋設に続いて発覚した公平性が疑われる事態に、市議からは批判の声が相次いだ。 ...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする