1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 性的少数者カップル、県営住宅への入居が可能に 神奈川

性的少数者カップル、県営住宅への入居が可能に 神奈川

政治行政 神奈川新聞  2019年11月13日 05:00

神奈川県庁
神奈川県庁

 神奈川県は12日、パートナーとして公的に認められた性的少数者(LGBTなど)カップルの県営住宅への入居について、15日に受け付けをスタートすると発表した。11月定期募集に合わせた申し込み受け付けで、期間は12月2日まで。

 性的少数者に対する理解促進や当事者支援策の一環。対象者は、市町村のパートナーシップ制度で認められたカップルで同居が前提。県によると、県内では現時点で横須賀と小田原の両市が同制度を導入しており、公認カップルはそれぞれの市内にある県営住宅への入居が可能となる。

 県は5、11月の定期募集で入居者が決まらなかった住宅を対象に入居者を募る「常時募集」についても同様に適用する方針。

 問い合わせは、一般社団法人かながわ土地建物保全協会電話045(201)3673。


シェアする