1. ホーム
  2. 社会
  3. 取材記者が語るやまゆり園事件 23日、横浜で催し

取材記者が語るやまゆり園事件 23日、横浜で催し

社会 神奈川新聞  2019年11月13日 05:00

入所者19人が犠牲になった神奈川県立津久井やまゆり園=相模原市緑区千木良(2016年)
入所者19人が犠牲になった神奈川県立津久井やまゆり園=相模原市緑区千木良(2016年)

 相模原市緑区の県立障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が犠牲になった事件を取材してきた記者によるトークイベントが23日、かながわ県民活動サポートセンター(横浜市神奈川区)で開かれる。障害のある当事者や家族、支援者の有志でつくる「津久井やまゆり園事件を考え続ける会」の主催。

 殺人罪などで起訴された元施設職員の植松聖被告(29)の裁判員裁判は、横浜地裁で来年1月8日に始まる。トークイベントのテーマは「メディアは何を伝え、何を伝えられなかったのか」。植松被告との接見を続けてきた記者ら3人が、取材で感じたことや伝えたかったことなどについてそれぞれ語る。

 午後6時半~同8時半。定員60人、参加費500円。申し込み・問い合わせは、メールで同会の杉浦幹さん=sugi808@infoseek.jp


シェアする