1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 93歳の俳優・加藤さんが初主演 映画「浜の記憶」上映へ

93歳の俳優・加藤さんが初主演 映画「浜の記憶」上映へ

カルチャー 神奈川新聞  2019年11月12日 11:57

映画「浜の記憶」のワンシーン(大嶋監督提供)
映画「浜の記憶」のワンシーン(大嶋監督提供)

 鎌倉で漁を営みつつ、大部屋俳優として、数多くの名作で脇を固めてきた俳優・加藤茂雄さんの93歳での初主演映画「浜の記憶」が16日から1週間、横浜市中区のシネマ・ジャック&ベティで公開される。既に今夏、都内では上映されたが、県内の映画館では初公開となる。

 「浜の記憶」は、鎌倉市内で全て撮影された。妻に先立たれ、鎌倉の海辺で静かに暮らす年老いた漁師と、写真家を志す娘の交流を描いている。

 地元出身の加藤さんは俳優歴70年。舞台で活躍し、黒澤明監督の「七人の侍」、本多猪四郎監督の「ゴジラ」など日本映画の名作に出演。成瀬巳喜男、岡本喜八ら巨匠に重宝された。

 県内での初上映を前に、94歳になった加藤さんは「東京では、多くの舞台仲間が見に来てくれてうれしかった。横浜でも一人でも多くの人に鑑賞してもらいたい」と期待する。

 加藤さんをイメージして脚本を執筆した大嶋拓監督(56)は「加藤さんの自然体の芝居と、風情のある鎌倉の魅力を再発見してほしい」と呼び掛けている。

 上映時間は52分。16日から22日まで午後0時55分から上映する。料金は一律千円。初日と最終日には上映後、加藤さんや大嶋監督らが舞台あいさつを行う予定。問い合わせは、ジャック&ベティ電話045(243)9800。


シェアする