1. ホーム
  2. 話題
  3. 見て楽しむ大雄山線沿線 伊豆箱根鉄道、カレンダー販売

見て楽しむ大雄山線沿線 伊豆箱根鉄道、カレンダー販売

話題 神奈川新聞  2019年11月11日 14:02

伊豆箱根鉄道が販売している2020年のカレンダー(同社提供)
伊豆箱根鉄道が販売している2020年のカレンダー(同社提供)

 伊豆箱根鉄道は2020年のカレンダーを販売している。一般公募で寄せられた、小田原、南足柄の両市をつなぐ大雄山線などの鉄道写真を掲載している。

 写真は5月1日から7月31日の間に約190点が寄せられ、写真家の金盛正樹さんが表紙を含む13作品を選んだ。沿線に咲く菜の花や桜と電車が“競演”する様子などを捉えた写真が掲載されている。

 カレンダーは卓上(税込み600円、300部)と壁掛け(同千円、2千部)の2種類で、小田原駅などで販売している。問い合わせは、同社鉄道部運輸課電話055(977)1207。


シェアする