1. ホーム
  2. 選挙
  3. 定数22に26人 海老名市議選、10日投開票

定数22に26人 海老名市議選、10日投開票

選挙 神奈川新聞  2019年11月09日 05:00

 任期満了に伴う海老名市議選(定数22)は10日、投開票される。4年前の前回より1人多い26人が立候補し、少数激戦となっている。

 内訳は現職16人、新人9人、元職1人。党派別では公明3人、立憲民主、共産各2人、自民、国民民主、N国、ネット各1人、無所属15人。女性は8人。

 中心市街地の発展で人口が増加傾向にある市の特徴を踏まえ、防犯や防災といった安全・安心施策の拡充、待機児童解消などの子育て・教育環境の充実を公約に掲げる候補者が多い。

 各候補者は、有権者が多く集まる海老名駅周辺を中心に支持を訴えている。


シェアする