1. ホーム
  2. 経済
  3. 適材適所で課題対応 藤沢商議所・増田会頭に聞く

適材適所で課題対応 藤沢商議所・増田会頭に聞く

経済 神奈川新聞  2019年11月09日 05:00

藤沢商工会議所の新体制が決まった。2期目に入る増田隆之会頭に今後の取り組みや課題を聞いた。 -新体制の特徴は。 「それぞれの得意分野を結集して適材適所で課題に取り組んでいく。副会頭は自分の意見が言える人こそが大事だ。観光分野は堀一久氏、にぎわいづくり地域活性化は小河静雄氏、新産業の創出は江越幸治...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする