1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 魔の4回、左に屈す 井上拓真、無敗の王者対決

魔の4回、左に屈す 井上拓真、無敗の王者対決

スポーツ 神奈川新聞  2019年11月08日 05:00

 世界ボクシング評議会(WBC)同級王座統一戦で、暫定王者で井上尚弥の弟の23歳、井上拓真(大橋)が正規王者で33歳のノルディーヌ・ウバーリ(フランス)に0-3の判定で敗れた。

 14戦目にして初めて味わう瞬間だった。正規王座獲得を狙った井上拓は大差での判定負け。勝者への賛辞に背を向け、リングを下りた。

 互いに無敗で君臨する王者同士の対決。昨年12月以来のリングとなる23歳は、万全のサウスポー対策を施して臨んだはずだった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする