1. ホーム
  2. 選挙
  3. 川崎市議補選:自民公認の新人・本間氏が初当選

川崎市議補選:自民公認の新人・本間氏が初当選

選挙 神奈川新聞  2017年10月24日 02:00

川崎市議補選の当選証書を受け取った本間氏(右)=川崎市役所
川崎市議補選の当選証書を受け取った本間氏(右)=川崎市役所

 川崎市川崎区の市議補選(欠員1)が22日投開票され、自民党公認の新人で元衆院議員秘書の本間賢次郎氏(31)が、無所属の元県議・栄居学氏(40)、共産党公認の党地区役員・後藤真左美氏(50)の新人2人を破り、初当選した。

 同補選は道交法違反の罪で有罪判決を受けた元自民党市議の辞職に伴い実施されたもの。市役所で23日、当選証書を受け取った本間氏は「あらためて自民党に議席を与えてもらったので、襟を正して頑張りたい。政令市として国と連携を取ることの重要性を訴えることができた」と話した。



シェアする