1. ホーム
  2. 社説
  3. 首里城焼失 再建へともに歩みたい

社説
首里城焼失 再建へともに歩みたい

社説 神奈川新聞  2019年11月07日 10:20

夜明けを待つ漆黒の空を紅蓮(ぐれん)の炎が真っ赤に染める。首里城が焼け落ちる姿に沖縄の悲鳴、慟哭(どうこく)が聞こえるようだった。火災からきょう7日で1週間になる。 正殿、北殿、南殿など主要建造物が焼失し、琉球王国時代の貴重な美術工芸品なども多く失われた。警察と消防が出火原因を調べているが、外部...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする