1. ホーム
  2. 照明灯
  3. 大佛が愛した茶亭

照明灯
大佛が愛した茶亭

照明灯 神奈川新聞  2019年11月05日 09:13

作家の大佛次郎(1897~1973年)は、鎌倉・鶴岡八幡宮近くに構えた茶亭のしだれ桜が自慢だった。長く垂れた枝に紅をさした花が咲く頃、毎年多くの友人を招いて宴を開いた▼市役所前の植木市で買ったというこの桜を、「これはあたりましたね。花を見てお買いでしたか」と友人に褒められたのはよほどうれしかった...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする