1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 運転中もマリノス応援 横須賀でナンバープレート交付開始

運転中もマリノス応援 横須賀でナンバープレート交付開始

スポーツ 神奈川新聞  2019年11月04日 05:00

 横須賀市はこのほど、ミニバイクやオートバイを対象に、サッカーJ1の横浜F・マリノスのキャラクターがデザインされたナンバープレートの交付を始めた。

 チームキャラの「マリノス君」が描かれたナンバープレートは、2022年にマリノスの練習施設が同市久里浜に誕生するのに合わせた企画。バイクの新規購入や名義変更の際に通常のプレートかマリノス仕様かを選べるほか、初回に限って通常のプレートからマリノス仕様に交換できる。

 プレートの交付枚数に制限はないが、市は今年9月から「1」から「100」までのナンバーを事前申込制にしたところ、366件の申し込みがあったという。

 市市民税課の窓口で同日、上地克明市長から交付標識番号「1」のプレートと、同市出身の山谷侑士選手のサイン入りユニホームを受け取ったのは、同市森崎の吉田重穂さん(69)。「令和元年に最初の番号がもらえてうれしい。ずっと大切にしたい」と笑顔で話した。

 プレートに関する問い合わせは、同課電話046(822)9733。


シェアする