1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 天国の友へ、南アVに祝杯 横浜のバー店員・加藤さん

天国の友へ、南アVに祝杯 横浜のバー店員・加藤さん

スポーツ 神奈川新聞  2019年11月03日 12:19

南アフリカがトライを決め、バーカウンターで喜ぶ加藤さん=横浜市中区の「ラグビーダイナーセブンオウス」
南アフリカがトライを決め、バーカウンターで喜ぶ加藤さん=横浜市中区の「ラグビーダイナーセブンオウス」

 横浜市中区のバー「ラグビーダイナーセブンオウス」はテレビ中継で観戦する客らで熱気に包まれた。店員の加藤丈司さん(50)が「亡友の分まで」と、大会当初から応援していたのは、南アフリカ。最多タイ3度目の優勝を、ビールをつぎながら静かに喜んだ。

 加藤さんは、9月に急逝した元南ア代表で1995年W杯の初優勝メンバー、チェスター・ウィリアムズさん(享年49)とともに、今大会を記念したクラフトビールを開発した。来日するチェスターさんを店に招き、W杯を一緒に楽しむはずだった。

 約束はかなわなかったが、チェスターさんが大切にしていた南アの国旗を形見として譲り受け、10月20日の日本戦でも南アを応援した。加藤さんは「天国できっと祝杯を挙げているでしょう。チェスター、おめでとう」と祝った。


シェアする