1. ホーム
  2. 経済
  3. 9月県内有効求人倍率が1・16倍 雇用情勢「改善」続く

9月県内有効求人倍率が1・16倍 雇用情勢「改善」続く

経済 神奈川新聞  2019年11月02日 05:00

神奈川労働局が1日発表した9月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月から0・02ポイント下降し、1・16倍だった。46カ月連続で1倍台を維持し、雇用情勢は「引き続き改善している」とした。 新規求職者数は前年同月比6・2%増で、2カ月ぶりに増加に転じた。雇用の先行指標とされる新規求人倍率(季節調整値...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする