1. ホーム
  2. 経済
  3. ドキュメント経営者 絶好調のさなかクーデター、空白期脱し社長に

ノジマ社長・野島廣司さん(3)
ドキュメント経営者 絶好調のさなかクーデター、空白期脱し社長に

経済 神奈川新聞  2017年10月20日 13:14

会社の再建に奔走した課長時代
会社の再建に奔走した課長時代

 会社を救ったオーディオ部門の復活。1982年には3店舗目として当時、全国初となる郊外型のAVC(音響・映像・コンピューター)の専門店、相武台店を相模原市内に出店する。

 「非常識な方が目立っていいんだ、と信じていました。でも多額の借り入れもあり、『失敗したら大変なことになるぞ』と。それが伝わり、社員も自然と必死で知恵を絞り出すようになっていきました。他社のまねではなく、お客さまに喜ばれることをする。当社の良さになっていきました」

 専門分野を絞った戦略は評判を呼び、初年度で損益分岐点を達成、3年目には投資額を全て回収する。

 さらにこの頃、会社の成長に弾みをつけるのが、同じ業界では先駆けとなった販売時点情報管理(POS)システムの導入。売上金の管理から、売れる商品がいち早く正確に分かるようになり、販売政策や業績向上に貢献。多店舗運営にも踏み出せるようになる。

 89年には売上高が

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする