1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 【台風19号】住宅被害相談を 相模原市が窓口開設

【台風19号】住宅被害相談を 相模原市が窓口開設

政治行政 神奈川新聞  2019年10月29日 05:00

相模原市役所
相模原市役所

 相模原市は28日、台風19号で住宅に被害を受けた市民を対象とした相談窓口を相模湖総合事務所(同市緑区与瀬)に開いた。修繕や建て替えに関する相談に建築士が応じる。

 窓口には、19号の被害を受けて設立された「かながわ災害時建築相談対策協議会」から派遣される建築士と市職員が同席。修繕や建て替えの必要性の有無などをアドバイスする。

 相模湖総合事務所には11月1日まで開設。その後、5日から8日まで藤野総合事務所(同区小渕)、11日から15日までは津久井総合事務所(同区中野)で相談に応じる。相談は無料だが、工事の設計や見積もりは行わない。

 市は「被害状況を詳しく把握するためにも、相談の際は現場を撮影した写真を持参してほしい」と呼び掛けている。必要に応じて現場調査を実施することも検討している。

 相談は午前10時から午後4時まで(正午~午後1時を除く)で、予約不要。問い合わせは、市建築審査課電話042(769)8255。


シェアする