1. ホーム
  2. 事件事故
  3. 走行中の乗用車から出火 平塚、けが人なし

走行中の乗用車から出火 平塚、けが人なし

事件事故 神奈川新聞  2019年10月24日 19:26

 24日午後5時25分ごろ、平塚市老松町の国道129号で、走行中の乗用車から「運転席の下から火が出た」と110番通報があった。車両1台が全焼し、平塚署が出火原因を調べている。けが人はなかった。

 署によると、男性2人が乗車していた。信号手前で停車しようとしたところエンジンが突然止まり、直後に火の手が上がったという。現場は片側2車線の直線で、JR平塚駅から東に約1キロ離れた住宅街。


国道129号を走行中に炎上したとみられる乗用車=24日午後6時15分ごろ、平塚市老松町
国道129号を走行中に炎上したとみられる乗用車=24日午後6時15分ごろ、平塚市老松町

国道129号を走行中に炎上したとみられる乗用車=24日午後6時20分ごろ、平塚市老松町
国道129号を走行中に炎上したとみられる乗用車=24日午後6時20分ごろ、平塚市老松町

シェアする