1. ホーム
  2. 話題
  3. 横浜中華街ツアーで学ぶ中国の食文化 11月に開催

横浜中華街ツアーで学ぶ中国の食文化 11月に開催

話題 神奈川新聞  2019年10月24日 11:50

横浜中華街
横浜中華街

 中華街を熟知した横浜中華街コンシェルジュとともに、街を巡りながら中国の食文化などを学ぶ「コンシェルジュと学ぶ横浜中華街ツアー」が11月15、29日に開かれる。春節のライトアップで彩られた街並みを散策した後、15日は広東料理、29日は四川料理を楽しむ。横浜中華街発展会協同組合の主催。

 ツアーは奇数月に開かれており4回目。今回は「美食節」が開かれている中華街でグルメを堪能する。広東料理では「一楽」で新鮮な才巻海老を紹興酒に入れて酔わせた上でさっと湯引きして食す「活き才巻海老の湯引き」などを用意。四川料理は「重慶飯店横濱賓館」で「熟成豆板醤を使用した香高き麻婆豆腐」などの本格四川を味わう。

 いずれも午後6時20分から。参加費は15日が9千円で定員14人、29日が1万円で定員16人。参加希望者は発展会の専用フォームに氏名、メールアドレス、住所、連絡先、参加人数を記して申し込む。締め切りは15日が8日、29日が22日で先着順。問い合わせは発展会事務局電話045(662)1252。


シェアする