1. ホーム
  2. 社会
  3. 【台風19号】ボランティア派遣要請を受け付け 相模原

【台風19号】ボランティア派遣要請を受け付け 相模原

社会 神奈川新聞  2019年10月20日 05:00

ボランティアの相談を受ける相模原市災害ボランティアセンターのスタッフ=同市緑区小渕
ボランティアの相談を受ける相模原市災害ボランティアセンターのスタッフ=同市緑区小渕

 相模原市社会福祉協議会は、台風19号で甚大な被害を受けた同市緑区に開設した「市災害ボランティアセンター」で、住民からの派遣要請を受け付けている。一方、当初19日から開始する予定だった災害ボランティアの活動は雨で20日に延期した。

 市社協は17日、津久井地区センター(同区中野)、相模湖地区センター(同区与瀬)、藤野地区センター(同区小渕)の3カ所に市災害ボランティアセンターを開設。住民からの災害ボランティアの派遣要請を受け付けるとともに、ボランティア活動の希望者からの問い合わせにも応じている。被災住民から「敷地内の土砂を取り除いてほしい」などの要望、希望者からは「どんな支援が必要か」などの問い合わせが電話で寄せられているという。

 市社協は19日、藤野地区センターが担当するエリアで、ボランティアの安全や必要な資機材を確認するために現地を調査。また民生委員らと被災住民にボランティア派遣のチラシを配って回った。市社協は「地域の関係者やボランティアと連携し、被災者の困りごとに応えたい」と話している。


シェアする