1. ホーム
  2. 社会
  3. 横須賀で20日ピース・フェス オスプレイ危険性指摘も

横須賀で20日ピース・フェス オスプレイ危険性指摘も

社会 神奈川新聞  2019年10月19日 05:00

三笠公園
三笠公園

 基地の街・横須賀から世界平和を呼び掛けるイベント「ピース・フェスティバル」が20日、三笠公園(横須賀市稲岡町)で開かれる。1986年に始まり、今年で34回目。地元の市民団体などでつくる実行委員会が主催する。

 実行委のメンバーは、5月に安倍晋三首相とトランプ米大統領が海上自衛隊の護衛艦に乗艦するなど、日米の軍事的結び付きが強まっていることを懸念。こうした状況をパネル展示で紹介するほか、米海軍横須賀基地に配備されている原子力空母や、輸送機オスプレイなどの危険性も展示を通じて指摘する。

 また当日は観光船をチャーターし、同基地や海上自衛隊横須賀基地を見学するクルーズも開催。市民団体「ヨコスカ平和船団」のメンバーがガイドを務める。

 入場無料で、午前10時~午後3時半。クルーズは午後1時からで参加費千円。問い合わせは、全造船浦賀分会内の実行委電話046(841)0346。


シェアする