1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 川崎市議補選が告示 新人3氏が立候補

川崎市議補選が告示 新人3氏が立候補

政治行政 神奈川新聞  2017年10月14日 09:40

 川崎市川崎区の市議補選(欠員1)が13日告示され、新人3人が立候補を届け出た。投票は市長選と衆院選と同じ22日に行われ、即日開票される。

 立候補したのは届け出順に、自民党公認で元衆院議員秘書の本間賢次郎氏(31)、共産党公認で党地区役員の後藤真左美氏(50)、無所属で元県議の栄居学氏(40)。

 同補選は、今年2月に道交法違反の罪で有罪判決を受けた市議の辞職に伴うもの。今月12日現在の有権者数は18万7244人(男10万2519人、女8万4725人)。


シェアする