1. ホーム
  2. 社会
  3. 【台風19号】大涌谷利用再開 ずれ込む見通し 

【台風19号】大涌谷利用再開 ずれ込む見通し 

社会 神奈川新聞  2019年10月16日 05:00

箱根・土砂崩れ多発で

 箱根山(箱根町)の噴火警戒レベル1(活火山であることに留意)への引き下げに伴う大涌谷園地の利用再開が、台風19号の影響で大幅にずれ込む見通しとなった。土砂崩れが多発するなど町内で甚大な被害が出ているためで、16日に予定していた火山防災協議会について、県は15日、延期すると発表した。

 噴火警戒レベルが下がった7日以降、県や町は園地の再開に向けた準備作業を地元事業者などと開始。黒岩祐治知事や山口昇士町長らが出席する16日の協議会で、具体的な再開の日程を決める予定だった。今後の協議会の開催時期は「現時点では未定」という。 


シェアする