1. ホーム
  2. 話題
  3. 小田原・南足柄が合同のごみ拾い 御幸の浜海岸で80人

小田原・南足柄が合同のごみ拾い 御幸の浜海岸で80人

話題 神奈川新聞  2019年10月15日 05:00

ごみ拾いをする参加者=御幸の浜海岸
ごみ拾いをする参加者=御幸の浜海岸

 小田原・足柄地域連合による恒例の環境クリーンキャンペーンが9月28日、小田原、南足柄市の2会場で行われた。地域貢献活動の一環で、今年で27回目。昨年からは小田原・足柄地域労働者福祉協議会と共同で実施している。

 御幸の浜海岸(小田原市本町)では、開始前に同連合の安池厚二議長が「海のごみは生活ごみが6割という。自分たちの生活を見直すなど、問題解決へ取り組みを進めたい」とあいさつ。約80人が火ばさみやごみ袋を手に散らばり、ごみ拾いをした。テトラポットの裏などを精力的に探すなどし、2時間ほどで約150キロのごみを集めた。

 大口広場周辺(南足柄市班目)では約40人が約20キロのごみを集めた。


シェアする