1. ホーム
  2. 社会
  3. 【台風19号】小田原駅通路に暴風、大ちょうちん破る

【台風19号】小田原駅通路に暴風、大ちょうちん破る

社会 神奈川新聞  2019年10月13日 14:03

台風19号の強風で破れた大ちょうちん=13日午前、小田原駅
台風19号の強風で破れた大ちょうちん=13日午前、小田原駅

 台風19号の影響で、小田原駅のシンボルとして親しまれている巨大な「小田原ちょうちん」が大きく破損した。外側を覆う和紙が破れ、骨組みがむき出しになるほどの被害。駅構内にある飾りの破損ぶりが、台風の猛威を物語っている。

 小田原市によると、ちょうちんは高さ4・5メートル、直径2・4メートル。台風による風の影響が最も大きかった12日午後5時半ごろ、東西自由通路を吹き抜ける強風で破れたとみられる。

 市は安全対策として一時撤去するが、和紙を張り替えるかどうかは今後検討するとしている。ちょうちんは東西自由通路が完成した2003年、市民団体が取り付けた。


破れる前の大ちょうちん
破れる前の大ちょうちん

台風19号の強風で破れた大ちょうちん=13日午前、小田原駅
台風19号の強風で破れた大ちょうちん=13日午前、小田原駅

シェアする