1. ホーム
  2. 社会
  3. 台風19号接近で「避難勧告」など発令 県内の市町村

台風19号接近で「避難勧告」など発令 県内の市町村

社会 神奈川新聞  2019年10月12日 10:09

 大型で非常に強い台風19号の接近に伴い、河川の氾濫や土砂災害などの危険性が高まったとして、県内の市町村が避難勧告(警戒レベル4)や避難準備・高齢者等避難開始(同3)などを相次ぎ発令している。

 県によると、12日午前11時半現在の発令状況は次の通り。

 ▽避難勧告
 横浜市金沢区、瀬谷区、川崎市川崎区、幸区、中原区、高津区、多摩区、宮前区、麻生区、相模原市緑区、中央区、南区、横須賀市、鎌倉市、藤沢市、小田原市、茅ケ崎市、三浦市、厚木市、大和市、海老名市、南足柄市、葉山町、二宮町、中井町、山北町、箱根町、真鶴町

 ▽避難準備・高齢者等避難開始
 横浜市鶴見区、西区、保土ケ谷区、磯子区、港北区、戸塚区、港南区、旭区、緑区、栄区、泉区、青葉区、都筑区、平塚市、鎌倉市、逗子市、三浦市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市、海老名市、座間市、南足柄市、綾瀬市、寒川町、大磯町、大井町、松田町、湯河原町、愛川町、清川村


シェアする