1. ホーム
  2. 話題
  3. ワンコインから体験、逗子の魅力 スタンプラリー開催

ワンコインから体験、逗子の魅力 スタンプラリー開催

話題 神奈川新聞  2019年10月12日 10:00

パスポートを手に「多くの人にスタンプラリーを利用してほしい」と呼び掛ける丸山さん=逗子市逗子
パスポートを手に「多くの人にスタンプラリーを利用してほしい」と呼び掛ける丸山さん=逗子市逗子

 逗子市内の店舗が提供する商品やサービスを手軽に購入・利用できるイベントが、今月末まで開催されている。対象の商品・サービスの価格はいずれもワンコイン(500円)からスリーコイン(1500円)。主催者は多くの参加を呼び掛けている。

 「ずし魅力発見 ワンコインでスタンプラリー」と題された催しは、今回で5回目。市内の店舗の回遊性向上や魅力の再発見を目的に、市商工会商業委員会が音頭を取っている。

 参加店113店舗や市経済観光課などに置かれたパスポートを入手し、各店で提示すると、限定ランチやケーキセット、頭をもみほぐす「ヘッドスパ」といった商品やサービスが500円か千円、または1500円になる。

 500円ごとにスタンプシールが1枚もらえ、4枚ためると景品に応募できる仕組み。シールは各6エリアで色が異なり、4枚全て色が違うシールを4枚集めると、より豪華な賞品が当たる抽選に応募できる。

 また、ことしは抽選内容を拡充。小学生以下の子どもと一緒に参加店に来店すれば、京急電鉄の「みさきまぐろきっぷ」や、菓子詰め合わせなどが当たる「キッズ賞」の抽選応募はがきがもらえる企画を初めて実施している。

 市商工会商業委員会によると、これまで利用が少なかった若い世代を呼び込もうと考案したという。商業委員長を務める丸山広宣さん(56)は「子育て世代をはじめ、多くの市民に店舗を訪れ、楽しんでもらえたら」と話している。

 景品応募は11月7日まで。問い合わせは市商工会電話046(873)2774。


シェアする