1. ホーム
  2. ベイスターズ
  3. 長い低迷の“つけ” 投手陣失速

【ラミ流】苦闘の先へ(4)
長い低迷の“つけ” 投手陣失速

ベイスターズ 神奈川新聞  2019年10月12日 05:00

今季7勝を挙げた新人上茶谷は2年目もローテーションの一角として期待されている=9月21日、横浜
今季7勝を挙げた新人上茶谷は2年目もローテーションの一角として期待されている=9月21日、横浜

 9月21日夜。巨人が横浜スタジアムで5年ぶりのリーグ優勝を決め、原監督が胴上げされる10時間ほど前、ベイスターズが誇る東、浜口の若手左腕コンビが、横須賀に今夏オープンした2軍施設で汗を流していた。

 昨季新人王の東は、昨秋からたびたび悩まされてきた左肘の痛みはようやく回復しつつあったものの、約30メートルのキャッチボールしかできない状態。昨季5勝の「ジャイアンツキラー」復活を期待した首脳陣から、20日の巨人戦で先発起用する方針を早くから伝えられていたが、間に合わなかった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする