1. ホーム
  2. ベイスターズ
  3. 横浜DeNA綾部投手を書類送検 女子高生にみだらな行為

横浜DeNA綾部投手を書類送検 女子高生にみだらな行為

ベイスターズ 神奈川新聞  2019年10月11日 13:05

綾部翔投手
綾部翔投手

 県警は11日、県青少年保護育成条例違反と児童買春・ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)の疑いで、プロ野球横浜DeNAベイスターズの綾部翔投手(22)を書類送検した。

 書類送検容疑は、昨年1月上旬、横浜市内のホテルで高校1年の女子生徒(16)にみだらな行為をし、スマートフォンでその様子を動画撮影した、としている。

 県警によると、女子生徒とは会員制交流サイト(SNS)で知り合ったといい、調べに対し「女子生徒が18歳未満であることを知りながらやった」と容疑を認めている。

 同投手は、茨城・霞ケ浦高から2015年のドラフト5位でDeNAに入団。17年にプロ初勝利を挙げた。今年7月に、今回の事案が発覚し、球団から無期限謹慎処分を受け、今季の1軍登板はなかった。DeNAはすでに同投手と来季の契約を結ばないことを通告している。

 球団は「相手の女性、ファン、関係者の皆さまに深くおわびしたい。引き続き球団内で選手の指導を徹底していきたい」とコメントした。


シェアする