1. ホーム
  2. ベイスターズ
  3. エスコバー「メジャー考えてない」、バリオスは米国挑戦も

エスコバー「メジャー考えてない」、バリオスは米国挑戦も

ベイスターズ 神奈川新聞  2019年10月10日 21:46

ラミレス監督の続投を「いい環境で野球ができる」と喜ぶエスコバー=10日、羽田空港
ラミレス監督の続投を「いい環境で野球ができる」と喜ぶエスコバー=10日、羽田空港

 ベイスターズのエドウィン・エスコバー(27)、エディソン・バリオス(31)の両投手が10日、羽田空港から帰国した。来日4年目でキャリアハイの成績を残したエスコバーは「シーズン前に目標にしていた70試合登板に到達できた。いいシーズンだった」と振り返った。バリオスは米国での挑戦も視野に入れていると明かした。

 エスコバーはリーグ最多の74試合に登板して防御率2・51。連投を好む鉄腕ぶりを発揮してリリーフ陣を支えた。球団は来季の残留を要請しているが、本人も「メジャーは今のところ考えていない。横浜というチームは第二の家族のようなもの。日本シリーズにチームを導けるよう1年間頑張りたい」と熱望した。

 2週間、体を休めた後は、新居を構えた米国マイアミ州で来季へトレーニングを再開する。


「ベイスターズでプレーできてうれしかった」と笑顔で語ったバリオス
「ベイスターズでプレーできてうれしかった」と笑顔で語ったバリオス

 バリオスは先発で3試合に登板し、クライマックスシリーズ(CS)にも出場した。「終盤は状態が良かったし先発もできると見せられた。思い描いたシーズンにならなかったが与えられたチャンスで精いっぱいできた」と笑顔を見せた。

 来季の去就は未定だが「日本で長い間プレーしているのでチャンスはあるかもしれないが、米国で何ができるか試したい気持ちもある」と語った。


シェアする