1. ホーム
  2. 経済
  3. 東証、午前終値2万1555円

米中協議警戒、一進一退の値動き
東証、午前終値2万1555円

経済 共同通信  2019年10月10日 11:48

 10日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は前日終値を挟んで一進一退だった。朝方に下げた後、上昇に転じるなど、米中閣僚級貿易協議の進展を期待した買いと交渉決裂を警戒した売りが交錯した。投資家の様子見姿勢も強く、値動きの幅は限られた。

 午前終値は前日終値比99円29銭高の2万1555円67銭。東証株価指数(TOPIX)は1・04ポイント安の1580・66。

 10日の東京市場では、取引時間中に米中協議を巡るさまざまな報道が流れ、平均株価は不安定な値動きとなった。前日の米国株高や、外国為替市場の円安ドル高進行が相場の下支え要因となった。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕

  2. 複数の女子高生と同時に性行為 男を逮捕

  3. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  4. 東海道線で人身事故、1人死亡 大磯駅

  5. 【台風19号】山北の給水車問題 黒岩知事が陳謝

  6. 【台風19号】日産スタジアムの遊水地 過去3位貯水量に

  7. 「ばれなければ大丈夫…」 男子高校生買春で小学校長逮捕

  8. 性行為を生中継 出演者募った男を逮捕

  9. ベイ、ドラフト1位に桐蔭・森敬斗 2位は立命大・坂本

  10. 【台風19号】箱根の鉄道、道路寸断続く 秋の観光に打撃