1. ホーム
  2. 社会
  3. 無作為抽出で討議依頼 相模原市南区

まちづくり声幅広く 参加向上へ続く試行錯誤
無作為抽出で討議依頼 相模原市南区

社会 神奈川新聞  2017年10月10日 10:46

2015年に行われた第3回の無作為抽出型区民討議会=南区合同庁舎(相模原市提供)
2015年に行われた第3回の無作為抽出型区民討議会=南区合同庁舎(相模原市提供)

 幅広い意見を求めて、住民基本台帳から無作為抽出した16歳以上にまちづくりについての話し合い参加を依頼する「無作為抽出型区民討議会」が11月11日に相模原市南区で開かれる。区制導入以来、隔年で開催しており4回目。これまでの参加承諾率は約1~3%。普通の公募と違い、直接名指しで通知が届くため「関心のない層にも呼びかけられ、啓発効果も期待できる」(南区役所区政策課)という。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする