1. ホーム
  2. 話題
  3. 不祥事から危機管理学ぶ かながわ秘書ネットワーク会合

不祥事から危機管理学ぶ かながわ秘書ネットワーク会合

話題 神奈川新聞  2019年10月09日 05:00

かながわ秘書ネットワーク
かながわ秘書ネットワーク

 秘書業務に就く人らの情報交換や能力向上を目的とした「かながわ秘書ネットワーク」の第12回会合がこのほど、横浜市中区の横浜メディア・ビジネスセンターで開かれた。関東学院大学の小山嚴也経営学部長が「企業の不祥事とコンプライアンス」をテーマに講演し、不祥事防止に向けた心構えなどを学んだ。

 小山氏は代表的な企業不祥事を事例に、思い込み、もったいないという意識、厳しい自社基準があるゆえの過信、自己正当化などが背景や要因にあったと解説。

 「当事者が『これはまずい』と思っていた不祥事はあまりなく、何らかの理由で大丈夫だと思っていた。なぜそう考えたのか当事者目線に立った防止策を取らないと不祥事はなくならない」と指摘し、「皆さんは経営者に近い立場なので、『自分たちの行動パターンを見るアプローチをすべきだ』と社長に言ってほしい」などと呼び掛けた。

 会合には、29社・団体から経営層を含む37人が参加。「不祥事が起きる落とし穴をとても分かりやすく解説していただき、あっという間の100分だった」「自社の研修でも講演してほしい」という声が寄せられた。


シェアする