1. ホーム
  2. ベイスターズ
  3. 25歳の名手柴田、光った好守 敗退後の悔し涙

クライマックスシリーズ2019
25歳の名手柴田、光った好守 敗退後の悔し涙

ベイスターズ 神奈川新聞  2019年10月08日 05:00

DeNAの柴田選手
DeNAの柴田選手

 <セ・CSファーストステージ:横浜DeNA1-2阪神> 3試合連続で先発の柴田が自慢の守備力を発揮した。二回に梅野の右翼線上への飛球をフェンスに激突しながら好捕。さらに四回無死一塁では一、二塁間の深いゴロに反応し、反転しながら二塁に送球した。併殺こそ逃したが、華麗な美技にスタンドからは大歓声が降り注いだ。

 4年目の25歳にとって自身2度目のCS。この日はバットでは貢献できなかったが、「生きてきてこういう緊張感はみんなが味わえるわけじゃない」。全力プレーも報われず試合後は悔し涙を流した。


シェアする