1. ホーム
  2. 社会
  3. 地域防災の担い手を育成 MMで10日から講座

地域防災の担い手を育成 MMで10日から講座

社会 神奈川新聞  2019年10月06日 10:50

 地域防災の中核を担う人材の育成を目指す全6回の「実践的防災まちづくりコーディネーター養成講座」が10日、横浜・みなとみらい21(MM21)地区のKUポートスクエアで始まる。主催の神奈川大と市民グループ「防災塾・だるま」は受講者を募集している。

 初回は、だるまの塾長を務める荏本孝久教授らが登壇。その後は17日、31日、11月7日、14日、21日に開講し、横浜市の防災担当者や専門家、防災士、自治会関係者らが講師を務める。自主防災組織の立ち上げや強化などを目指す人に「自分たちのまちは自分たちで守る」という考え方や具体的な事例を伝える。

 受講料5千円。定員50人で、10月9日締め切り。各回とも午後1時半~5時。問い合わせは、KUポートスクエア電話045(682)5553。 


シェアする