1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 男子砲丸投げ 全中覇者 山田に注目 県中学陸上

男子砲丸投げ 全中覇者 山田に注目 県中学陸上

スポーツ 神奈川新聞  2019年10月04日 19:45

 第53回県中学校総合体育大会の陸上競技は5日、平塚市のShonanBMWスタジアム平塚で、280校1586人が参加して行われる。今夏の全国中学校大会(全中)で躍進した精鋭を中心に激戦が期待される。

【男子】砲丸投げ 全中覇者 山田(十日市場)に注目

 最注目は今夏の全中を制した砲丸投げの山田(十日市場)。9月の横浜市総体では16メートル05をマークし、自らが持つ県中学記録を塗り替えた。今回も記録更新に期待だ。

 10人が全中に出場した100メートルはハイレベルの争いが予想される。200メートルで全国8位の山口(宮内)を筆頭に、黒沼(つきみ野)、西山(桐蔭学園)、鈴木(中川西)ら県内屈指のスプリンターがしのぎを削る。

 400メートルは49秒台の記録を持つ中島(寺尾)が抜けている。1500メートルは服部(塚越)、3000メートルは渡辺(聖光学院)が有力だ。

 全中に7人が出場した110メートル障害も激戦区。和田(南が丘)、山田(西中原)らを中心にレースが展開しそう。

 走り高跳びの和田(六角橋)は全中で無念の記録なしに終わったが、直後の大会で1メートル93の好記録を出し、実力を示した。四種競技の宮内(小田)は全中6位の実力者で、今回はどこまで記録を伸ばすか期待される。

【女子】200メートル 全国レベルの争い

 全中で3人が入賞した200メートルは全国レベルの争いといっても過言でない。100メートルでも入賞した山田(相原)に加え、2年生の税田(大津)や福島(神奈川)が競り合い、抜け出すのは誰か。100メートルは中山(枡形)、日高(海西)、長島(寺尾)ら2年生が台頭してきている。

 1500メートルは全中出場の高橋(領家)が抜きん出ている。全中に7人が出場した100メートル障害も見もので、準決勝まで進出した大谷(高浜)、蕨(原)らが引っ張る。2年の和田(港南)も伸びてきている。

 跳躍は、全中で6位入賞した走り高跳びの後藤(戸塚)に注目。恵まれた高身長を生かし、記録更新を狙う。砲丸投げは吉沢(栗原)が有力候補の筆頭。400メートルリレーは、全中決勝で48秒33の県中学記録を出して6位に食い込んだ港南中を軸にした展開が予想される。



◇決勝スタート時刻◇
▽トラック種目
14:35 女子1500メートル
14:45 男子1500メートル
14:55 男子110メートル障害
15:00 女子100メートル障害
15:05 女子100メートル
15:10 男子100メートル
15:15 女子200メートル
15:20 男子200メートル
15:55 男子400メートル
16:00 女子800メートル
16:05 男子800メートル
16:10 男子3000メートル
16:25 女子低学年400メートルリレー
16:30 男子低学年400メートルリレー
16:35 女子400メートルリレー
16:40 男子400メートルリレー

▽フィールド種目
 9:00 女子走り高跳び
 9:00 女子砲丸投げ
 9:30 男子走り幅跳び
10:30 男子棒高跳び
14:00 女子走り幅跳び
14:30 男子走り高跳び
15:00 男子砲丸投げ


シェアする