1. ホーム
  2. 高校野球
  3. 準決勝展望 相洋-東海大相模

高校野球 秋季県大会
準決勝展望 相洋-東海大相模

高校野球 神奈川新聞  2019年10月04日 11:51

 高校野球の秋季県大会(県高野連主催、神奈川新聞社など後援)は5日、サーティーフォー保土ケ谷球場で準決勝2試合を行う。第1試合は相洋-東海大相模(試合開始午前10時)、第2試合は三浦学苑-桐光学園(同午後0時半)。上位2校に与えられる、来春の選抜大会の選考資料となる関東大会(19日から群馬県)の出場権を獲得するのはどのチームか。第1試合を展望する。

相洋 「打倒サガミ」に執念
東海大相模 打線好調、投手も盤石


東海大相模・山村(左)、相洋・本田(右)
東海大相模・山村(左)、相洋・本田(右)

相洋
【地区予選】
▽リーグ戦 10-0 二宮(5回コールド)
      10-3 旭丘
      12-1 足柄(6回コールド)
【県大会】
▽2回戦  8-7 光明相模原
▽3回戦  7-0 横須賀総合(7回コールド)
▽4回戦  7-4 橘学苑
▽準々決勝 6-2 横浜商大

東海大相模
【地区予選】
 全国選手権出場により免除。

【県大会】
▽2回戦  5-0 藤嶺藤沢
▽3回戦  9-4 湘南学院
▽4回戦  11-0 桐蔭学園(6回コールド)
▽準々決勝 23-0 湘南工大付(5回コールド)


 今夏の神奈川大会を制した東海大相模が投打に充実している。相洋は今夏を経験する本田-加藤のバッテリーを中心にロースコアの展開に持ち込みたい。昨秋の4回戦は9-1、今夏の準々決勝は5-2といずれも東海大相模が勝利しており、相洋は「打倒サガミ」に執念を燃やしている。

 2年ぶりの頂点へ、東海大相模は準々決勝で23得点を奪うなど、打線が上向きだ。準々決勝では18歳以下日本代表の1番鵜沼が2安打2四球と流れをつくり、主将山村が2安打3打点。主砲西川もここまで2本塁打と今夏の甲子園組が力強い。甲子園で控えだった茂谷や松本、加藤の2年生らが、切れ目のない打線を形成している。

 エース左腕諸隈は4回戦、準々決勝の計10回を1安打18奪三振で無失点とテンポの良い投球が光る。甲子園で活躍した1年生左腕石田も安定感があり投手陣も盤石だ。

 初の秋の関東大会出場を狙う相洋は接戦をものにしてきた。準々決勝の横浜商大戦は2度のリードを許しながらも逆転勝ち。左腕吉川は低めの変化球を巧みに操り、先発でも抑えでも力を発揮する右腕本田は高低にしっかり投げ分ける制球を磨いてきた。9回5失点で東海に敗れた今夏の雪辱の思いは誰よりも強い。

 3季連続の8強以上に貢献してきた加藤は勝負強い打者で、扇の要としても攻守で引っ張る。今秋4本塁打のリードオフマン鈴木、同2アーチの3番国井ら上位打線で先手を奪いたい。


シェアする