1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 報酬を不正請求 川崎市の介護保険事業所

市が指定取り消し
報酬を不正請求 川崎市の介護保険事業所

政治行政 神奈川新聞  2017年10月07日 02:00

 約1250万円の介護報酬を不正請求していたなどとして、川崎市は6日、介護保険事業所「ドリームケアー」(同市川崎区四谷上町)の介護保険法に基づく指定(指定訪問介護および介護予防訪問サービス)を11月1日付で取り消すと発表した。

 市高齢者事業推進課によると、同事業所は「ドリームワールドエージェンシー」(同所)が運営。同事業所が2016年9月から17年5月にかけて、無資格者が行ったサービスを、退職した有資格職員2人の氏名を使って介護報酬を不正に請求、受け取っていた。不正受給は総額約1250万円とみられ、市は40%の加算金(500万円)を加えた約1750万円の返還を求める。

 市は7月に寄せられた情報を基に監査を実施していたが、その際に同事業所は虚偽の記録報告や答弁をしていたという。

 市は同事業所に対し、指定取り消し日以降も利用者がサービスを継続できるよう他事業所を紹介するよう指導している。市によると、同事業所は不正内容を認めているという。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会