1. ホーム
  2. 選挙
  3. 「野党乱立は与党利する」 水戸氏が5区不出馬

「野党乱立は与党利する」 水戸氏が5区不出馬

選挙 神奈川新聞  2017年10月06日 02:00

衆院選不出馬を表明した水戸氏 =県庁
衆院選不出馬を表明した水戸氏 =県庁

 衆院5区で立候補予定だった民進党前職の水戸将史氏は5日、衆院選への不出馬を表明した。県庁で会見し、「野党乱立は与党を利することになる。与党対野党の構図をつくるため、身を引くことがベターだと判断した」と苦渋の表情を浮かべた。民進の合流を巡り、その後の態度を保留しているのは6区で出馬予定の青柳陽一郎氏のみとなった。

 5区では、希望の党が新人の吉岡憲史氏を擁立した。水戸氏は立憲民主党か無所属で出馬する道を探っていたが、「立憲民主の選択肢は、憲法改正などに対する思想信条を踏まえて合流は難しい」と判断。二者択一を迫られる民進党地方議員への配慮もにじませた。今後については「政治活動はやめない。一寸先は闇だが、自分の行き場を見つけたい」とした。

 一方、青柳氏も立憲民主や無所属での出馬を検討。6区での立候補を明言した上で「選挙区で勝つためにいくつかのオプションを持っておくのは当然」とし、「前代未聞の選挙。状況を見て(公示前日の)9日までに判断する」と話した。

 水戸氏は県議を経て2007年の参院選神奈川選挙区で初当選。14年衆院選では5区に維新の党から出馬し比例復活当選した。5区は吉岡氏のほか、自民前職の坂井学、共産新人の横山征吾の2氏が出馬を予定している。


シェアする