1. ホーム
  2. 政治行政
  3. JOC山下会長「国民に希望を」 黒岩知事に抱負

JOC山下会長「国民に希望を」 黒岩知事に抱負

政治行政 神奈川新聞  2019年10月01日 12:39

五輪成功に向け握手を交わす山下JOC会長(左)と黒岩知事=県庁
五輪成功に向け握手を交わす山下JOC会長(左)と黒岩知事=県庁

 日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長が9月30日、県庁に黒岩祐治知事を訪ね、2020年東京五輪の成功に向けた連携強化を確認した。6月の会長就任に伴うあいさつで、「国民が希望と誇りを感じられる大会にしていくため、できる限りの準備をしていく」と抱負を語った。

 山下氏は神奈川が「地元」で、1984年ロサンゼルス五輪の柔道金メダリスト。国民栄誉賞を受賞し、県体育協会会長を歴任、東海大副学長も務めている。

 知事は、野球・ソフトボールやセーリングなど4競技を開催する神奈川の準備は「万全」とし、「ラグビーワールドカップ(W杯)で盛り上がっている流れを来年につなげ大成功させたい」と強調。

 山下氏は「世界中に日本の文化を知ってもらうチャンス。スポーツへの関心を広げ、神奈川での競技開催がレガシーになるよう努めていきたい」とし、県体育協会会長時に培った精神を大会運営に生かしていく考えを示した。


シェアする