1. ホーム
  2. 時代の正体
  3. ドイツと真逆の日本 横浜市立大・山根徹也教授

時代の正体 歴史と向き合う
ドイツと真逆の日本 横浜市立大・山根徹也教授

時代の正体 神奈川新聞  2019年10月01日 11:50

政治家やメディアが「嫌韓」をあおり、交流イベントの中止や相互への航空機の減便など、目に見える影響が表れている。事態の源流をたどれば、徴用工問題などにみる植民地支配の責任に正面から向き合わず、ともすれば正当化しようとするような日本政府の姿勢に行き当たる。一方、日本の戦争責任への向き合い方と比較され...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする