1. ホーム
  2. 社会
  3. 「嫌な気持ちになればそれはいじめ」 南足柄でフォーラム

「嫌な気持ちになればそれはいじめ」 南足柄でフォーラム

社会 神奈川新聞  2019年09月30日 05:00

いじめを題材にしたアニメで、声を担当した県立足柄高校の生徒=南足柄市文化会館
いじめを題材にしたアニメで、声を担当した県立足柄高校の生徒=南足柄市文化会館

 「南足柄市いじめ防止フォーラム」が29日、同市関本の市文化会館で開催された。市内の小中学生ら約150人が参加。いじめに該当することや解決法について、考えを共有した。市教育委員会などの主催。

 市教委の担当者はいじめ防止対策推進法によっていじめの定義が変わった点に言及。深刻さや継続性に限らず、現在は「心身の苦痛を感じているものすべて」と説明した。また学校の取り組みとして、早期発見に努めるための定期的なアンケート調査などを挙げた。

 県立足柄高校は、いじめ防止をテーマにしたアニメを披露。生徒たちが声を担当した。アニメでは「いじめかどうかを決めるのはされる側。される側が嫌な気持ちになれば、それはいじめ」と訴え、周囲が傍観することでエスカレートする怖さも伝えた。

 グループごとの話し合いも実施。子どもたちは、いじめやトラブルを解決するための大事なポイントなどについて考えを述べた。

 参加した市立岡本中学校2年の橋本倖菜さん(14)は「(いじめる側といじめられる側の)双方の立場になって考えることが大切。いじめられている人には寄り添っていきたい」と話していた。


シェアする