1. ホーム
  2. 社会
  3. 秦野死体損壊、3被告に有罪判決 横浜地裁

「甚だ身勝手」
秦野死体損壊、3被告に有罪判決 横浜地裁

社会 神奈川新聞  2017年10月05日 04:13

横浜地裁
横浜地裁

 秦野市の建設会社で男性の切断遺体が見つかった事件で、逮捕監禁と死体損壊、死体遺棄などの罪に問われた同社の元実質的経営者の男(41)、ともに元作業員の男(41)、同(52)の3被告の判決公判が4日、横浜地裁で開かれた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする