1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 茂木本家美術館の北斎名品展

【ミュージアム・ナビ】すみだ北斎美術館
茂木本家美術館の北斎名品展

カルチャー 神奈川新聞  2019年09月27日 19:24

葛飾北斎「冨嶽三十六景 凱風快晴(藍摺版)」(前期展示、茂木本家美術館蔵)
葛飾北斎「冨嶽三十六景 凱風快晴(藍摺版)」(前期展示、茂木本家美術館蔵)

 浮世絵師、葛飾北斎の没後170年を記念し、北斎の代表作「冨嶽三十六景」や弟子たちの作品を紹介。前後期を通して116点が並ぶ。茂木(もぎ)本家美術館(千葉県)はキッコーマン創業家の一つ、茂木家の12代当主が収集した美術品を展示する美術館。

 質の高い北斎作品を所蔵しており、中でも「赤富士」の通称で知られる「冨嶽三十六景 凱風快晴」の「藍摺(あいずり)版」(前期のみ展示)は世界で6点しか現存確認されていない希少品だ。版の状態から、赤富士の後で試しとして刷られたものではないか、と考えられている。間近で見られる貴重な機会だ。

 ※前期は10月6日まで。後期は8日~11月4日。祝日を除く月曜と10月15日休館。一般1200円ほか。JR両国駅東口徒歩9分。問い合わせは、すみだ北斎美術館☎03(6658)8936。


シェアする