1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 【衝撃】松島幸太朗(中)“伝説”「100メートル」独走

ラグビーW杯
【衝撃】松島幸太朗(中)“伝説”「100メートル」独走

スポーツ 神奈川新聞  2019年09月27日 11:27

カミソリのよう


全国高校大会準々決勝で東海大仰星高の守備に行く手を阻まれる桐蔭学園のFB松島(中央)とSO小倉(右)=2011年1月3日、大阪・花園ラグビー場
全国高校大会準々決勝で東海大仰星高の守備に行く手を阻まれる桐蔭学園のFB松島(中央)とSO小倉(右)=2011年1月3日、大阪・花園ラグビー場

 あれが伝説の始まりだった。

 ワールドカップ(W杯)日本大会、開幕ロシア戦で衝撃のハットトリックを達成した夜から、さかのぼること3180日。花園ラグビー場で行われた全国高校大会準決勝、大阪朝鮮高戦だ。後半26分。自陣ゴール前でボールを奪った桐蔭学園高のFB松島は聖地の左サイドを一気に駆け上がり、インゴールへ飛び込んだ。後に「カミソリのよう」などと語り草になる前代未聞の「100メートル独走トライ」だった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする