1. ホーム
  2. 社会
  3. 盲ろう者の孤立防止に 横浜と川崎に県内初の専門所

盲ろう者の孤立防止に 横浜と川崎に県内初の専門所

社会 神奈川新聞  2019年09月27日 05:00

盲ろう者(右)と点字でコミュケーションをとる相談員=横浜市の支援センター
盲ろう者(右)と点字でコミュケーションをとる相談員=横浜市の支援センター

 視覚と聴覚の重複障害がある盲ろう者が相談を寄せられる「県盲ろう者支援センター」が27日、横浜市と藤沢市にオープンする。コミュニケーションが難しい当事者や家族を適切な障害福祉サービスにつなげ、地域での孤立を防ぐのが狙い。盲ろう者専門のサポート施設は県内初で、全国でも東京都や兵庫県などに次いで4例目という。

 県内の盲ろう者は528人で、うち211人は通訳や介助員の派遣、移動支援などの福祉サービスを利用していない実態が県の調査で判明。148人は市町村にも相談しておらず、県は必要な支援を届ける拠点づくりを進めていた。


盲ろう者(左)と触手話でコミュケーションを図る相談員=横浜市の支援センター
盲ろう者(左)と触手話でコミュケーションを図る相談員=横浜市の支援センター

 視覚と聴覚の重複障害がある盲ろう者が相談を寄せられる「県盲ろう者支援センター」が27日、横浜市と藤沢市にオープンする。コミュニケーションが難しい当事者や家族を適切な障害福祉サービスにつなげ、地域での孤立を防ぐのが狙い。盲ろう者専門のサポート施設は県内初で、全国でも東京都や兵庫県などに次いで4例目という。

 県内の盲ろう者は528人で、うち211人は通訳や介助員の派遣、移動支援などの福祉サービスを利用していない実態が県の調査で判明。148人は市町村にも相談しておらず、県は必要な支援を届ける拠点づくりを進めていた。


シェアする