1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 平塚市長給与を1割削減 市議、個人情報持ち出し問題

平塚市長給与を1割削減 市議、個人情報持ち出し問題

政治行政 神奈川新聞  2019年09月26日 05:00

 4月の平塚市議選で初当選した渡部亮氏(40)が市職員時代に市民の個人情報を持ち出したとされる問題で、同市議会は25日の本会議最終日で、落合克宏市長ら特別職の給与を削減する議案を賛成多数で可決した。落合市長は自らの管理責任を認めた上で渡部氏に「自らの重い責任を感じてほしい」と迫った。

 渡部氏に「責任感ずるべき」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする