1. ホーム
  2. 話題
  3. フロンターレ白星で車いす1台寄贈 川崎の葬祭業者

フロンターレ白星で車いす1台寄贈 川崎の葬祭業者

話題 神奈川新聞  2019年09月26日 05:00

ふろん太も出席して開かれた贈呈式の様子=川崎市多摩区
ふろん太も出席して開かれた贈呈式の様子=川崎市多摩区

 川崎市中原区の葬祭業「花葬」が25日、川崎市特別養護老人ホームしゅくがわら(同市多摩区)に車いす1台を贈呈した。サッカーJ1川崎フロンターレのスポンサー企業を務める同社は先月、ホームゲームで勝利するごとに1台を寄贈するキャンペーンの実施を表明しており、その第1弾となった。

 今回の寄贈は、今月14日のジュビロ磐田戦でフロンターレが白星を挙げたことを受けたもの。企画にはフロンターレも賛同し、施設で行われた贈呈式にはマスコットキャラクターのふろん太くんも駆け付けた=写真。

 車いすを受け取った八剱伸行施設長は「毎年車いすが必要になる人がおり大変助かります。大切に使わせていただきます」と感謝の言葉を述べた。施設を所有する市から同社に感謝状も贈られた。


シェアする